組み合わせて効果が出る家族葬と直送

直送の大きな特徴として、通夜も告別式もおこないません。これを参列される方に理解してもらうのは、大変難しい部分を持っています。都市部では葬儀の在り方に疑問を持っても、地方や年配の方では儀式的な部分を外すことに異論を唱えられることもあるでしょう。儀式の省略を家族の中で決めたとしても、これまでの宗教や習慣的観点から親類が許さないといった流れになると、遺恨という大きな問題が出てきます。そこで、家族葬にして参列者を限定します。直送に関して問題が起きる可能性がある場合は、家族だけで葬儀を行ったという事実のみを報告するという方法も取れるでしょう。家族さえ納得できるのであれば、時間も費用も掛けることなく、故人を送り出すことができます。

家族葬の場合、葬儀が終了したのちに亡くなった報告するというかたちをとることも少なくありません。まだまだ理解していただけない部分も多く、参列したいという方が出てきます。そのため、事後報告にするというのが一般的となりました。直送にする場合でも、家族葬ということで葬儀の内容を知らせる必要もありません。関係各所に対しても事後報告にすることで、亡くなった事実だけで内容の説明はしないで済みます。実際にどんな葬儀だったのか聞かれることもないでしょう