家族葬と直送の特徴

家族葬は、故人をしのぶ家族の時間を取るというところが重要になってきます。家族や親族などの近親者、かなり親しかった人や故人が会いたいと思っていた人を呼び執り行っていく方法です。この葬儀の方法を執ることで、せわしなく進んでしまう葬儀の時間を家族のために使うことができます。

重要なポイントとして、家族側が参列者を選ぶことになり、参列者側の意思で決めることはできません。参列したくてもお断りされることがありますが、家族の意思を第一に尊重しなければいけないでしょう。家族だけで執り行うことができるので、宗教的な部分をなくしたりすることも可能になり、コンパクトな葬儀にすることができるところが特徴です。

直送は、一般葬とはかなり大きな違いのある葬儀の方法で、火葬だけをおこなう方法となります。通夜も告別式もおこないません。余計なことはできるだけ排除していく方法で、極めて合理的な方法となるのが直送です。故人が希望するようなケースも増えてきているのは、宗教的な意味合いの葬儀の必要性に疑問を持つようになったとも考えられます。家族葬と直送を組み合わせていく方法も出てきているのは、さまざまな理由が絡み合ってくるからです。