家族葬と直送の費用のメリット

費用的な側面を考えると、家族葬はコンパクトに収めることができる方法になってくるでしょう。その分だけ費用の負担も少なくなりますが、収支のバランスという点では、支出に傾くことにはなるでしょう。それでも、不確定要素を排除できるうえ、肉体的な負担や精神的な不安も家族葬であれば軽減することが可能です。

直送の場合には、そもそも葬儀といったことをおこないません。儀式的な部分はすべて排除します。費用的な面でも、直送はかなり少なくあげられる方法です。納棺から火葬に関する費用、埋葬費といった部分だけで済むのは、一般的な葬儀と大きな違いとなります。服装などに縛りがありませんし、僧侶を呼ぶ必要性もありません。宗教的な儀式がなくなるため、読経そのものがなくなるからです。埋葬場所の問題もあり、読経だけお願いしたいといったこともできます。希望によっては宗教的な部分を残すことができ、自由な選択ができます。家族葬と直送を組み合わせられば、宗教的な部分を残しつつも、参列者を限定することで両方の形式が本来持っている特徴を生かせられるのではないでしょうか。

直送としてのメリットを高めるためには、家族葬との組み合わせが有効です。心配するようなことも少なくなり、現実的に執り行いやすくなっていくでしょう。