家族葬と直送のデメリット

メリットという部分では、家族葬と直送を組み合わせていくのは合理的で活用しやすい方法となるでしょう。その反面で、両者にはそれぞれデメリットがあります。

家族葬で葬儀を行う場合、参列をお断りする方を含めてご理解いただく必要が出てくるでしょう。これが大きな問題点です。まだまだ浸透していない部分もあるため、家族だけでゆっくり故人を偲びたいといったことを説明していくしかありません。あとで遺恨が生まれてしまうようなことはできるだけ避けるべきです。直送も同様で、儀式的な問題を省くことに異論を唱える人が出てきます。無宗教であったとしても、理解されない人には説明は困難を極める問題です。

埋葬に関しても、直送とすることで、寺院墓地などが利用できないケースがあることを理解しておかなければいけません。僧侶側が葬儀をおこなわなければ埋葬させないというケースです。儀式的な問題のため、すべて否定していくわけにもいかなくなります。もちろん、宗教宗派の影響を受けない墓地であれば、これは問題にはなりません。

故人が希望するケースも増えているのが家族葬と直送です。周りに配慮をしておくことがスムーズに進めるポイントになるため、経験のある葬儀社とともに進めるといった方法が必要になるでしょう。