家族葬と直送の組み合わせ

家族葬の場合、できるだけコンパクトにしたいという思いもあるでしょう。家族や関係の近かった人だけで送り出すということが重要になってくるからです。多くの人が訪れれば、葬儀はどんどんと大きなものになっていきます。そうなれば、肉体的にも経済的にも負担が増大するでしょう。参列者の対応に追われてしまうと遺族として故人を送るための時間が無くなってしまいます。家族葬にすることによって、そういった問題も解決できるようになります。

実際に直送と組み合わされる理由を考えてみると、そもそも葬儀の方法に疑問があるという部分が焦点になっていきます。葬儀は仏教的な流れでおこなわれていくのが一般的ですが、故人が仏教徒とは言えない状況はよくあることです。都市部では、こうした宗教的な部分はさらに希薄になってきているでしょう。その流れの中で、通夜や告別式を行ういったことに疑問を抱く人も中にはいます。そういった考え方の人にとって直送は合理的な方法だと言えます。

しかし、周囲に理解してもらうという問題も同時に出てくるでしょう。ただ、家族葬であれば家族に理解さえしてもらえば済むようになります。結論的に結びつきやすくなっていることが見えてくるでしょう。