変わってきた葬儀のかたちとしての家族葬と直送

葬儀に対する考え方は、時代背景が大きく影響してきます。経済的に余裕のあった時代では、葬儀はどんどんと大きなものになっていきました。高度成長期以前に見られる家族や近隣の方々であげる葬儀から、どんどんと拡大していった時代もありました。バブル期には、葬儀には驚くほど多くの人が訪れてきたのも、香典などの負担がそこまでのものではなかったこともあったからです。ない袖は振れぬということと同様で、経済的な負担が大きいのならば、できるだけ小さくしていくのも当然の流れといえるでしょう。

葬儀に対する考え方としては、そこまで大きな葬儀が必要なのかといったこともあります。日本人は宗教的な考え方も薄いといわれている通り、生まれてきたときは神社へお宮参りへ行き、結婚式ではキリスト教式で挙式を行い、亡くなったときには仏式での葬儀が行われることが多数を占めています。神仏が一体化して考えられているという部分もあります。葬儀に対する考え方としても、宗教的な部分がなくなると、本当に必要かという疑問が出てくるようになりました。儀式としても、葬儀の形式が変化してきたことが考えられます。

家族葬や直送といったかたちがとられるようになってきたのも、現代的な合理性が背景にあるのは間違いありません。現在の一般的な葬儀は費用的にも肉体的、精神的にも負担が非常に大きなものになっています。時間がかかりますし、対応するだけで手いっぱいになり、故人が亡くなって送り出すという本来の部分を感じる暇さえないことが問題点です。家族葬は、家族や仲の良かった方に絞り込み、葬儀をあげていく方法であり、規模も抑えることができます。本来の故人を偲ぶ時間として葬儀を行うことができるのもメリットと言えます。社会的なつながりが葬儀の背景にあることは間違いありませんが、家族のための時間を失う必要性はありません。直送のように、宗教的な部分を排除してしまうというのも、現代的合理性から理解できる葬儀の方法となりました。

葬儀の費用的な負担が問題となる場合でおこなわれてきたのが直送というイメージがあるのは当然です。しかし、現代的な目線で考えると、宗教の必要性を含め死に対する考えの違った部分が見えてくるようになるでしょう。家族葬と一緒におこなわれることがある点も踏まえ、一度考えてみる必要がある部分です。メリットやデメリットなど知らないことも多いため参考にしながら検討してみてはいかがでしょうか。

NEW TOPICS

2018年11月09日
ホームページを更新しました。